FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
最近にしては珍しく、2日連続で書いています~。


あれから、徹底してインディアンマネージャーを避けていた。

インディアンマネージャーが以前から予定していた

2週間のバケーションを取ったため、

仕事で会わない日が続いていた。

ポジションを変わることができる目途が付いた。

それでも、私の後任を探すために2か月ぐらいはかかるそう。

(でも、後任として、部内の契約社員を社員として採用するとのことで、

2か月もかからないと予想している。)

さらに、ダメンズにずっと避けられていて、

私が会いたいと連絡しても無視され続けているので、

会ってもらえない状況が続いている。

もう終わっているんだけれどね、

なかなか気持ちの切り替えができなくてね~。。

幸か不幸か会えないから、気持ちの振れ幅が少ない。

といういくつかの条件が重なり、

精神的にもほんのすこーしだけ元気が出てきた。

チームメンバーと以前のようにおしゃべりすることも少し増えてきた。

2月に入社したコリー(推定30歳前後)は、

会話の中にたくさんのスラングが含まれていて、

いつも私が

”???どういう意味?”

”どういうスペル?”と何度も聞くことが多い。

コリーは面倒くせーと時々態度に出るけれど、

基本的に詳しく教えてくれる。

先日、会議中、

シニアマネージャーが言い放った

”ロックサイエンティスト”というスラングが気にかかり、

会議の後、コリーに

”ロックサイエンティストってどういう意味?”と聞いた。

コリーは、

”Rock Scientist?????? 地層とか石とか研究している人?

私 ”いや、、違うと思う。話の流れからして、そうじゃない”

コリー ”サイエンティストでロックミュージックやっている人?”

と言って、ギターを弾く真似をした。

私 笑いながら、”いや違うと思う。。

会議中にさ、シニアマネージャーが言っていたじゃん??”



コリーと私が何やら可笑しな謎解きをしながら、笑ったりしていると

チームメンバーが会話が楽しそうだと参加して来た。

チームメンバーのステンがやっと私が言いたいことを理解してくれて、

"Rocket Scientist ⁉ "

そこで、みんなが、

”あ~~~~!!ロケットサイエンティスト!!”

この意味は、

ロケットを作り出せるような頭が極端に良い人

または、

簡単な事でも、難しく考えて難しい方法で解決する人

とのこと事でした。

さらに、”Rocket Science"は、極端に難しいことの意味で、

通常、否定語として

”It is not rocket science."

(そんなに難しい事じゃない)

と言うふうに使うそうです。

この一件から、さらにコリーはわざとスラングを私に言うようになってきました。

コリーから頼まれた仕事が終わったよと伝えると、

”クール ビン!!”

また、私は

”???クールビン??? 冷たい入れ物?? スペルは??”

”Cool Beans"

”冷たい豆??カッコいい豆???”

"Awesome! " "very nice" " great" "Cool"とかの意味だそう。

私が ”Cool Beans"のイメージ=粋がっているカッコいい不良の豆 を描くと、

(頭の中でイメージ画を思い描いて、新しい単語を覚えようとすることが多いから)

コリーがその絵を喜んでくれて、

このCool Beans のイメージでチームTシャツ作りたい!!

俺、デザインする!!と言い出した。

まあ、本当にTシャツができるかどうかわからないけれど、

期待しないで、待っている。

その前に移動になっちゃうだろうけれど。






海外就職ランキング



経営学修士(MBA) ブログランキングへ


40歳代ランキング


カナダランキング


カナダランキング


スポンサーサイト



意味:核心をつく

Being Erica シーズン1 エピソード1の最初に出てくるイディオム

主人公が仕事は解雇されるし、

うまく行きかけた彼氏からはフラれるし、

サンプルで飲んだラテにナッツが入っていて、

アレルギー反応で病院に運ばれるしで

全然うまく行っていない時に出会った

セラピストがErica に向かって言ったセリフの一部

"It is the feeling that nothing seems to work out for you, still single.

All those nights alone with cat.

All your successful married friends feeling bad for you.

Am I getting warm? "









にほんブログ村


Crazy という意味。


挨拶してもいつも一言も返さず、

その代り、ギロッと目玉だけ動かしてこっちを見る

action movie に出てくるような悪役面したドラッグ中毒者が近所に住んでいる。

ギロっと見られるととっても怖い。。。

知り合いが

”He is coocoo.”

と言っていた。。

普通に使っていい言葉かどうかわからないけれど、

とりあえず、忘備録として記載しておきます
Grey's Anatomy を久しぶりに見ていたら、

シーズン6 エピソード2で

George が助けた女の子Amanda に向かって

Izzieが

”I will kick your ass from here to Sunday

と言っていました。

意味は、as much as possible だそうよ。

いつまでもGeroge の死を悲しんで、病院の外のベンチに毎日座っているいるAmandaに対して、

「Geroge の死を無駄にしないで、自分の人生を生きなさいよ。」

と叱咤している場面です。

”~if I ever see you sitting on this bench again I will kick your ass from here to Sunday.”

「今度またこのベンチで座っているのを見たら、思いっきり蹴飛ばすよ。」

ってな感じでしょうか。

nativeと映画の話をしていて、

「タイトルは忘れちゃったけれど、こういう内容で、

メインキャラクターはこういう人で。。。」と説明して、

「こういう映画知っている??」の答え

「It doesn't ring a bell.」

「ピンとこないな~。思い当たる節がない。」





にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム  »次のページ