FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
睡眠不足、グループプロジェクト等々で

勉強することに疲れてきた。実は。。。

そこで、

来期は、

学校は休みにしようと思っている。

その代り、しばらくバイト時間を増やして、

社会勉強(?)

でも、英語の勉強はする予定。

ドラマ見て、言い回しを使えるようにしたり、

本を読んだり、

日記を英語で書いたり。

このブログもしばらくは

バイトがメインかな。

スポンサーサイト



先日、成績が公開されて、A-でした。

ファイナンス系はよくわからなかったけれど、

とりあえず、終わってよかった。。

待ちに待った夏休み!

なのに、今までの睡眠不足を解消するかのように

眠い、眠い。。

今回のチームは知り合いばかりだったので、

プロジェクトが進めやすいかと思ったけれど、

全く違った。。

今までは、サボる人がいて、その人の扱いがとても大変。

でも、今回は別の問題。

アカウント専攻のシングルママが、

他のチームメンバーが行ったレポートやパワポに納得がいかず、

すべて自分でやり直す。。

議論もなしに。。

他のチームメンバーも、せっかく書いたレポートが削除され、

シングルママの考えに変更になっていたり、

夕方4時のミーティングがいきなり、朝7時のミーティングに開始になったりで、

ストレスは溜まっていたようだった。

私も時間をかけて書いたレポートや資料が

シングルママが納得する形に100%変更になっていたりしていたけれど、

傍観していた。

シングルママは、

「全部自分でやっている!!自分は、子供の世話もしなくちゃいけないし、

仕事もしているのに、全部押し付けられて、アンフェアだと不機嫌。」

私にも、「1人で70%終わらした!もうやりたくない!」と。

プレゼン、レポート提出前日、

私のバイト中、

チームメンバーのリーから、メールが入り、

「今日、図書館集まれる?

プレゼンとレポートをまとめなくちゃいけない。」

「シングルママが70%終わらしたって言っていたよ。」

「いや、全然終わっていない。。」

「え~~~!!?」

ということで、

バイト終了後、図書館に行ってみると、

相変わらず、シングルママは不機嫌、

ファイナンス専攻のフェイは、一生懸命レポートを書いている。

リーもプレゼン資料を作っている。

授業開始1時間前の朝8時にもう一度集まって、

最終確認とプレゼンの練習をしようと言って、

みんな夜8時までには図書館を去っていった。

私は、バイト終了後からの情報シェアと作業開始だったため、

私の担当のレポートとパワポを終了したのは、

夜中の3時過ぎ。

レポートとパワポをグループ全員にシェアするため、

SNSのグループページにアップして、

床についた。

8時には学校だから4時間ぐらいしか寝ることができない。。。

明け方5時半

シングルママから電話。。(私、無視)

その後、メールが入る。

レポートとパワポで抜けている点があると。。

はああ?SNSにアップした時間を見れば、

何時までやっていたかわかるだろうし、

明け方の5時半に他人に電話するって、

非常識だと思うんだけれど。

イライラMAX。

朝、学校で、怒り全開で、

「あの時間の電話は非常識だと思う。8時に集まるんだから、そこで話せは良いことでしょ?」

とシングルママに抗議したところ、

「8時までに私がみんなのパワポとレポートを確認しなくちゃけなかった!

みんなが怠け者だから、私がするしかない。

みんなと一緒に怠けていたら、0点になる。」

おまけに、

私の知人のカナダ人ガブリエルが、

私たちグループは全員、母国語が英語じゃないから、

グループのレポートの文法チェックをしてくれた。

それも、夜中みんなのレポートが集まってから。

シングルママは、

「ガブリエルが修正してくれたって、わかっていないことが多くて、あとで、私が確認しなくちゃいけなかった!」

「そりゃ、そうでしょう。彼女は、ファイナンス専攻でもアカウント専攻でもないし、そもそも

彼女は親切心で、文法だけをチェックしてくれたんだから、

修正後、内容が変わっていないかどうか自分で確認するなんて、当たり前でしょ?

彼女に感謝するなら、わかるけれど、彼女を責める意味がわからない。

私は自分が書いたところは確認したよ。みんなだって、自分のところは自分でやっているはずだよ」

「でも、ガブリエルが修正したために、書き直しが必要で。。。」

「もう、話すことはない!!!」

シングルママは確かに頭が良いと思うし、

強い人だと思う。異国でシングルママで頑張っているのも知っている。

でも、こんな自分の主張を曲げない人、自分のペースで物事が進まないと気が済まない、

他人のことを考慮できない人に初めて会った。

せっかく知り合いのチームだったのに、

後味の悪い結果になってしまった。



| ホーム |


 ホーム