FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
バイト初日にしたこと。

エスプレッソマシーンや

客も使う すんごい汚いトイレの掃除。

掃き掃除、モップ掛け

いつ使ったかわからない

コーヒーの後のついたカップの食器洗い

未使用のカップ、でも埃が被っている、、、、

ばかりじゃなく、それらのカップの下には虫が死んでる

食器類の洗浄。

陳列棚に並んだ賞味期限の切れたマフィンやブラウニーの廃棄。

流し台の掃除

汚い流し台に並んだ洗ってあるのかないのかわからない

毎日使うコーヒーポットの洗浄。

賞味期限の切れた紅茶の廃棄、

はあああああ、衛生状態がスゴイ悪いんですけれど。。。。((((;゚Д゚)))))))

私が休みの日の次の日のバイトは、

朝からポットの洗浄、エスプレッソマシーンの掃除、食器の洗浄、トイレ掃除、から始まるんですけれど。。

とってもイライラする。。


そして、今日、

ずっとカバーもかけずにさらされたままの

コーヒーフィルターの束をオーナーが持ってきて、

「使って~」と。

見たら、ほこりまみれの小虫が何匹か表面に死んでいる。。。

フィルターの隙間にも死んだ虫が入り込んでいる。。。。(;゜0゜)

もう、呆れて、イライラして、

「使いたくない!(♯`∧´) 虫がたくさん死んでいる!!」

と突っ返した。

オーナーもムッとしたようだけれど、

パタパタとフィルターを叩いて、

虫を落とし、利用していた。。

まだ初めて1か月もたってないけれど、

辞めていいですかね???

衛生状態が悪い飲食店って、気持ち悪いし、

賞味期限の切れたマフィン
(それも、近所の大型スーパーで買った出来合いのまずいただ甘いだけのマフィンを50%も利益つけて売っている。。)

買っていく客にも

申し訳ないし

辞める理由になりますかね??












スポンサーサイト



治安の悪い地域での雑貨屋以外に

学校を休学しているので、もう一つバイトを始めた。

工場地域にあるコーヒーだけを売っているコーヒースタンド。

雑貨屋のバイトを見つける前は、どこも雇ってくれなかったので、

現地の人と会話する機会を得るため、近所のカフェでボランティアをしながら、

エスプレッソの入れ方を教えてもらっていた。

その流れで、コーヒースタンドでバイト。

さて、工場で働く人達をターゲットにしている

ただの小汚いコーヒースタンドと思っていたが、

実は、豆にもこだわりがあり、コーヒー豆のローストから卸もしていることが判明。

工場で働いてい居る人には、

「仕事の合間に気晴らしで飲むコーヒー」程度だけれど

わざわざ、この工場地域に豆を買いに来るお客さんもいて、

彼らにとっては、

「美味しい特別のコーヒー!」の位置づけで、

ちょっと驚いた。

オーナーももう少しビジネスを広げたいとのことで、

じゃあ私も、ついこの間、大学で勉強したマーケティングを思い出しながら、

ビジネスの拡張をお手伝いできたないいなと思っている。

しかし、そうは言っても、ド素人なので、

何から、どう始めたらいいかわからない

とりあえず、私はコーヒースタンドに来て、コーヒーを飲んでくれる新規の客を

増やそうと思考錯誤中。

スタンドの周りの人は、味よりも値段だったりするので、

工場地域近辺のコンビニやTim Hortonで買う人も多い。

そういう人が、少しお金を出してでも、

おいしいコーヒーを飲みたいと思わせるにはどうしたらいいのかな~?

これって、ビジネスの勉強をしたいと思っていた私にとっては、

インターンみたいな仕事じゃないか!と俄然、わくわくしてきた。。。

が、、、、私は、所詮、ビジネス素人。

おまけに、同僚がオーナーしかいなく、オーナーは、漠然と売上を伸ばしたいと

思っているだけで。。。彼は彼なりに何か考えているのだろうけれども。。

私は、何をしたら、どうしたら売上が伸びるんだろ??

売上を伸ばすってどの期間を考えればいいんだろ??

わからないことばかりだ。。























雑貨屋のオーナーがホームレスのラリーに頼んで

毎日、掃除。

そして、わずかばかりの給料を払っている。

おまけに、ラリーはきれい好きなホームレスだし。

私が出勤する前から、ラリーはすでに雑貨屋に居て、

バックルーム、店と店先を掃除している。

この時期、明け方は寒いから、早く室内に入りたいんだろうな。

朝と閉店時の掃除以外は、フリータイムだけれど、

ラリーは勝手に出入り自由。

ランチの時間にバックルームに行くと、

ラリーが布団を敷いて寝ていたり、

流しで洗濯していたり、

腕立てをしていたり、

缶詰を開けて食べていたり。

不思議な環境だな~。。。

たまに買い物に来る普通のお客から、

「ラリーにあげて。」とフルーツや新品のシャツが届く。

だけれど、ラリーは、本当はうれしいくせに

袖が長いだの、甘いフルーツしか食べないだの

言うんだよね。

決して、悪い人じゃないから

あげた人も何言われても気にしていないみたいだけれど。

私も一度、お弁当を作っていったけれど

口に合わなかったようで、

散々言われたので(`o´)

私はもう持って行かないけどね~。


助けられる人が助ける社会っていいよね。


先日記載した治安の悪い地域でのバイト
 

治安の悪い地域:

夕方暗くなると、露出系の安っぽい服を来た化粧の濃い

女性たちが街角に立っていたり、

ゴミ箱の横でホームレスが寝ていたり、

している地域

昼間は、車の通りの多いし、夜ほど危なくはない。

雑貨屋に、2人組のチンピラ風の人たちがやってきた。

「stemある?」

「??? stem ???(幹??)」

何のことかわからず固まっていると、

奥から店のオーナーが答えてくれた。

スモーク吸う際のパイプのことらしい。

たばこも吸わないし、こういう単語には全く縁がなかったから、

久しぶりに訳がわからず、固まった。

2人組も見た目怖かったし(;´д`)↓



この店のオーナー、この地域の人々に慕われていて、

夏の暑い時など、露出系の女性が猫なで声で、

「のどがかわいちゃったの。。。今度、お金払うから、Freezee 1本頂戴。」とかやってくると

「仕方がないな。」とか言って、1本あげちゃったりしている。。

※Freezee : 甘い液体を凍らした駄菓子のようなもの。

最初の頃、「えっ!!?あげちゃうの??今度って、、、今度、お金払ってくれるかわからないよ??」

と思っていたけれど、

最近では、

「お金がなくて、ランチが買えないの。。」とかいう人が来ると、

「じゃあ、ちょっとだけね。」とチロルチョコみたいなのを2,3個あげちゃうこともある。











バイトをしようと決めたのは、

英語を話す機会が欲しかったから。

町のいろいろなところに履歴書を持って行ったけれど、

結局どこも雇ってくれず、

仕方がなく、治安の悪い地域に行って、履歴書を渡したところ、

たばことかジュースとか売っている雑貨やみたいなお店が雇ってくれた。

学校に行っている時から働いているので、

もう1年半ぐらい続いている。

最初のころ、たばこの銘柄もジュースの名前も知らないので、理解も聞き取りもできない。

お客もオーナーも

「だめなの雇っちゃな~~。」という感じだった。

お店番ができないことが判明したので、

バックルームの整理整頓を1人で黙々とする毎日。。

それも、週に2時間だけ。

本当は、金土日の予定だったんだけれど、

1日で降格

時間になり帰ろうとするとオーナーが、

「バックルームに居たの忘れていたよ!」と冗談で言われる始末。。

それでも、他では雇ってもらえないから

「目的は英語を話す」だけれど、目的が達成されないまま

いつか店番できる日が来るだろうと思って、

辞めずに週2時間、バックルームの整理整頓をしていた。

3か月たったころ、店番の女の子が急病で入院することになり、

彼女の代わりに3日連続で店番をすることになった。

初日は、たばこの銘柄、アイスの名前、お菓子の名前、

チョコレートバーの名前が聞き取れない、理解できなかった。

アタフタしているだけ。

でも、この3日間で、店にあるよく売れる商品の名前が少しわかるようになった。

そして、彼女がちょこちょこと休むたびに

代替で店番をすることに。

1年半たった今は、バックルームの整理整頓から昇格し、

週10時間店番。

1年半の間に、お客から、

「英語ができね~んだから、辞めろ!」と言われたり、

オーナーから、

「いったいいつになったら、きちんとできるようになる?」と

怒られたりした。

治安の悪い地域なので、

薬物中毒者が多くて、ハイな状態で時々何言っているかわからなかったり、

スラングが多いので、(F ワードとか、聞いたこともないスラング)で

ついて行けなかったりするけれど、

今では、店先で時々スモールトークをすることもある。

町を歩いていると店のお客(?)で、

お店にたばこ一本くれとかチョコレート1個くれとか

やってくるホームレスに名前を呼ばれたりする。

学校の友達といる時も声をかけられ、友達がなんでホームレスと知り合いなの?と

びっくりしていた。

お客は、仕事に就いていない人や、ジェイルからやっと帰ってきたと言う人など、

問題が多い人が多いけれど、

彼らの会話を聞いていると興味深いなと思うことが多々ある。

また、彼らは純粋すぎて、

社会に適合ができなかったんじゃないかなと思ったりもする。

人間観察が興味深いので、まだ辞めずにいる。




























Crazy という意味。


挨拶してもいつも一言も返さず、

その代り、ギロッと目玉だけ動かしてこっちを見る

action movie に出てくるような悪役面したドラッグ中毒者が近所に住んでいる。

ギロっと見られるととっても怖い。。。

知り合いが

”He is coocoo.”

と言っていた。。

普通に使っていい言葉かどうかわからないけれど、

とりあえず、忘備録として記載しておきます
Grey's Anatomy を久しぶりに見ていたら、

シーズン6 エピソード2で

George が助けた女の子Amanda に向かって

Izzieが

”I will kick your ass from here to Sunday

と言っていました。

意味は、as much as possible だそうよ。

いつまでもGeroge の死を悲しんで、病院の外のベンチに毎日座っているいるAmandaに対して、

「Geroge の死を無駄にしないで、自分の人生を生きなさいよ。」

と叱咤している場面です。

”~if I ever see you sitting on this bench again I will kick your ass from here to Sunday.”

「今度またこのベンチで座っているのを見たら、思いっきり蹴飛ばすよ。」

ってな感じでしょうか。

| ホーム |


 ホーム