FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
日本で働いている時もストレスの質は違えど、

かなりのストレスを抱えていて、

夜、家に帰ってくると

疲れ果てぐったり。

週末もぐったり。

つくづく、気分転換が下手な性質なんだなと思っていた。


コーヒー屋に行く際、

どうしてインド人から信用が得られないんだろうか?

とか、

電話の応対はどうしたら上達するんだろうか?

とか

英語ができないから、人と話すのが嫌になってきた

とかぼーっと考えていた。

駐車の際、ゆっくりバックしようと思ったら、

ブレーキとアクセル間違えた!

もう少しで壁に激突だったよ


一日悶々としていたら、

クラスメートだった日本人の女の子がコーヒー屋に来てくれた。

彼女は現役の大学生なので、娘と言ってもいいくらいの年齢差。


前回、お店に立ち寄ってくれた時に

ラテを飲んで「?あれ?なんか美味しい??」と

思ってくれたらしい。

ダウンタウンにある大手コーヒーチェーン店やでラテを飲んだけれど、

あまり美味しくなくて、

やっぱ、ちょっと遠くて辺鄙だけれど

私が入れたラテを飲みに行こうと

わざわざ授業の後、

寒い中、スノーブーツはいてテクテク歩いて来てくれたらしい。

お店も暇だったし、

2時間ぐらい日本語でおしゃべり。。

すっきり。



オーナーが入れたラテが私が入れたラテより美味しいので、

(あんないい加減なのに、やはり違うんですよ~~!!)

どうしたらオーナの味に近づくか

何度かオーナーに聞いて、

何度か自分で作って、

オーナーに飲んでもらいアドバイスをもらったり、

(でも、いい加減だから、”美味しいよ~~!”の返事ばかりだった。。)

”もしかして、こうすればいいのか?”という

結論を自分なりに出して、

お客さんに提供していたので、

「へ~~~、あの大手より美味しいラテが出せるようになったのか~。」

とちょっとうれしい出来事でした。


いつもカプチーノをオーダーするお客さんのジムも、

最初の頃は、半分ぐらい残されちゃって、

「なんでかな?」と

半分残ったカプチーノを味見し、確認していた。

やはり、オーナーが居れたカプチーノの方が美味しいな。。

と、試行錯誤をしていたんだけれど、

ジムも最近、

オーナーじゃなくて、

私指名でカプチーノのオーダーを入れてくれて、

全部飲み干してくれている。

プチハッピーな出来事でした。


人によって傷つけられ、人によって癒される。


コメントを入れてくれる人々からも

元気をもらい、また頑張ろうと前向きになることができます。

どうもありがとうございます






にほんブログ村

スポンサーサイト



悪い事が重なるときは、次から次へと

ため息が出ちゃうような出来事が起こる。

逆に、何をしていてもいいように転んで高く評価されたりすることもあり、

自分自身が驚くこともある。

最近は、どうも悪い方向に転んでいるよう。

どきどき一緒に働くことのあるインド人が、

オーナーに

「○○(私のこと)がお金を盗んでいるようだから、

注意したほうがいい!」と言ったらしい。

お店のお金を盗むわけないじゃん。。。

おそらく、閉店時にレジを閉める際、

お札の向きを揃えていたのを

お札をいじくってごまかしていると思われたのだろうと

思う。

ルームメイトにカナダじゃ、お札を揃えたりしないの?と聞いたところ、

ルームメイトのバイト先でも揃えるってさ。

インドじゃ、そういうことはしないんだろうな~~~。

もしくは、

私を辞めさせたくて、言いがかりをつけているのかも。

以前も、このインド人にお店の雑貨やお金を盗んでいるだのと言いがかりをつけられて、

辞めさせられた女の子がいた。

この女の子は、お店に来る薬物中毒者や売春婦とも分け隔てなく接していて、

彼女はそういう人達とプライベートでも友達だった。

ただそれだけの理由で、インド人がこの女の子が信用できない、嫌いと言う理由で。。。

そして、オーナーを言いくるめて、隙を見て辞めさせた。


私がお金を盗んでいると聞いた

ホームレスのラリー  が

「絶対○○はそんなことするはずがない!」

と言ってくれたみたいだけれど。。

何分にもホームレスだしな。。。。彼の信用度は低いよね。。

心配なのは、

このインド人、彼のビジネスは成功しているので、

この町では結構、顔が広く、

彼が、

「○○っていう日本人はお金を盗むから雇うな!」

何て言ったら、すぐ広まる可能性大。

濡れ衣を着せられたままになる


なんの力もない外国人の私がこの国で信用を失う怖さを

想像できるので、店のお金を盗むなんてことは絶対しないし、

英語ができないのに雇ってくれて、

給料もごまかされているけれど、

頑張って働いてきたつもりなんだけれどね~~、

こうやって、信用されず、疑われているって悲しいね。。

結局は、英語力が足りず、

きちんとした企業で働けない私の力不足なんだけれどさっ。。






にほんブログ村


にほんブログ村






雑貨屋のバイトが12月から忙しくなる予定。



一人増やすと言っていたのに、

結局増やさないことにしたんだって。

でも、忙しくない曜日に私が移って欲しいらしい。。

受発注や在庫管理等々をパソコンで管理しているんだけれど、

私はパソコンを使えないし、

電話の応対も危ういから

良く仕事ができる人と交換して欲しいとのこと

確かに電話の応対は危ういので、

在庫を聞かれても何の商品かピンと来ないし、

誰のために何を用意しておけばいいのか

間違える可能性あり。

でも、パソコンが扱えないってそれは理由にならないでしょ~と

猛抗議。

何度も受発注のソフトの使い方を教えてくれって頼んでいるのに

時間がないということで教えてもらえなかった。

オーナーが空いている時間は、

誰かに電話して無駄話したり、

パソコンで株売買をしていたり

その時間を使って、教えることなんていくらでもできたはず。

結局は、彼が教える気が全くないってこと。

良く仕事が出来る子は、他の会社で同じソフトを使って仕事をしていたので

取扱いは問題なくできる。

でも、彼女だって最初は誰かに教えてもらい覚えて行ったはずなのに。。。。

パソコンを触る機会がないから、どんなソフトを使っているかわからない

パソコンの使用に抵抗がなく、新しいことを覚えるのも抵抗がないのに、

出来ないヤツ扱いなんて

納得が行かないよ~。

やらせてみて、出来なかったら

申し訳ないと思うけれど。


以前、マネジメントのクラスで、

部下の士気を上げる方法というのを学んだ。

(ちょっとうるおぼえ)

その中の一つに、

「仕事の幅を広げさせる」

っていうのももちろんあり、

「他部署の人と全く異なった仕事をさせる」

「同じ職種で責任感を与える」

マネジメントの観点から言って、士気が下がっても仕方がない。。。


給料はごまかされているし、
[一度、抗議したけれど、うやむやのまま)

1年10か月ここでバイトしていて一度も昇給していないし、

そして、仕事の幅も広がらない。。


外国人、英語がまともじゃないってことで、

足元を見られていて

なんか悲しいな。。心が痛いよ

辞めちゃおうかな~。。でもなんか負けみたいで嫌だし~~。

語学なんて、短時間で上達する訳ないし。。

オーナーは、私がいつまでたっても電話が苦手、

また、私が違う日に移る気がなく、

パソコンを教えろと主張するので、

機嫌悪いし~~。

今まであまり関係が悪くなかったのに、

ここに来て一気に悪くなった

はあああ。。雑貨屋のバイト辛くなった(T_T)







にほんブログ村
コーヒー屋のバイト

値段を変え、食べ物を美味しいと思うものに変え、

営業時間も変えて

そしたら、若干売上が伸びてきたように思う。

まだ、売上はモニター中なので

正確には判断できないけれど。

営業時間は、さんざん揉めて、

コーヒー屋なのに8時から開けたり、9時から開けたり、

昼から開けたり。。。

「7時半ごろから準備して、しっかり8時には開けましょうよ。

8時だってコーヒーやとしては遅いぐらいですよ。

朝の客は工場の人しかいないからこの立地なら8時でもありですけれど。」

「だってさ、、朝起きられないよ。。」

はあああ、なんだか社会人失格な感じの発言。。

「じゃあ、朝は私一人で開けますから、9時には来てくださいね!」

ってことで、毎朝8時前には看板を出してます。

時々、工場地帯を通って会社に行くビジネスマンが

こんなところにコーヒーがあったの?と

朝一にちらほら来てくれます。

これで、売上が定常状態になったら、

今度は何をすればいいんだろ?



若干、体調不良で、医者にかかったところ、

もしかしたら、外科的手術が必要になるかもと。。。。。。


はあああ、、、

学校から離れて、若い学生じゃなく、社会人と触れ合いたい

と思って1年間バイト後、学校に戻ろうと思っていたけれど、

もしかしたら、学校に戻って学生になれないかもしれない。

健康にも気を配らなくちゃいけなくなってきている年頃だったんだ。

若いころと違って、1年後も同じ健康状態でいられる保証はないので、

1日1日を大切に無駄なく過ごさなくちゃいけないんだと実感しているところ。

40代で留学するって、こういう健康問題も出てくるんだな。。。

留学中の入院とか手術とかそういうこと真剣に視野に入れていなかったな。。。


コーヒー屋のバイトも大学で習ったビジネスの研修のようで

いい経験になると思っていけれど、

何か腑に落ちない。なんだろうと思っていた。

やっとわかった気がする

それは、おそらくオーナーとの価値観の相違。

私としては、

顧客が喜んでもらえるような商品の提供

オーナーは利益。

先日も、オーナーが新しい食べ物を置きたいと言って

持ってきた。

価格設定でまた揉めた。

オーナは、仕入れ値の約3倍の価格設定にしたいと。

私は、それじゃ誰も買わないし、最終的に廃棄になり損がでるからと

反論。

価格設定の基本は、

1、cost
2、competition
3、customer value

オーナの考え方だと、他店の価格比較と顧客バリューを全く考慮していない。

おまけにロケーションの悪さを考えたら、そんな攻撃的な値段はつけられない。

でも、オーナーは、賞味期限が切れようが、食中毒にならない程度まで

店頭に並べていても平気。


また、別の件では。。。。

この国は、医療用マリファナが合法。

だけれど、やはり医療用マリファナを取り扱うお店周辺は

雑貨屋のお客みたいな風貌の人が多い。

コーヒーやがある工場地帯のすぐそばに医療用マリファナを扱うお店が出来た。

そのお店の関係者かよくわからないけれど、

怪しげな男性一人がマリファナを持ってコーヒー屋にやって来た。


あとで、オーナーが教えてくれたところ、

マリファナシロップを作り、コーヒーに入れてくれと相談を受けたとのこと。

オーナーは、コーヒー豆5パウンド以上の儲けが出るぞ~!!と

喜んでいるけれど。。。。。。。

なんだかな~~。。

お金儲けができれば何でもいいのか?

たくさんのガラの悪い人達がコーヒー屋に出入りしていたら、

他の客がこなくなっちゃうんじゃないかな。

マリファナシロップ入りコーヒーが売れれば利益が出るだろうけれど、

オーナーの方向性に全然納得が行かない。。

だから、

バイトしていても楽しくないし、

適当に値段付けて、適当にモノ売っていればいいって感じで、

何やっているんだろ。。私。。

って考えちゃうんだろうな。。






にほんブログ村







語学の能力が欠如していると

ここのところ落ち込んでいる

詳しくは⇒★

すご~~く落ち込んでいて、

ここで勉強している意味があるのだろうか?

日本では師士業で十分な給料をもらっていたのに、

インド人に見下されたり⇒★

この歳で何やっているんだろ??

この歳から英語力って伸びるのだろうか?と

よく落ち込むけれど、今回は久々の大きく凹んでいる。。

そんなところ、

私が管理しているSNSに

カフェオーナーの友人からオーナー宛てにメッセージ。

HAHAHAHA ur new girl doesn't speak English very well HAHAHAHA HAHAHAHA HAHAHAHA

これ、原文のまま。はははは~~ってなんだよ~!!

この友人は、私がSNSを管理しているって知らないのでしょう~。

もちろん、このnew girlは私のこと。。。

うまい具合に話せないと落ち込んでいるところ、

このメッセージは無いよな~~とさらに凹む。


幸いにもオーナーの奥さんはアジア人で、

non-native speaker に寛大。

一番最初このオーナーと話した際も

「英語が不十分なので、迷惑をかけるかもしれない。」と話したところ、

「大丈夫だよ。うちの奥さんもよく英語ができないって言っているけれどね~

俺なんか英語しかできないから、2つ言語話せるってすごいよね~。」

って意に介さない様子だった。

ときどきコーヒー屋に手伝いにくるおじさんも

時々話の途中で、

今の表現は、こういう意味なんだよと紙に書いて教えてくれる。

このおじさんは、物知りで記憶力もとてもいい。

先々週、このおじさんに、英語のエッセイを書いてくるから

添削してほしいとお願いしたところ、「いいよ!」と二つ返事だった。


この一連の流れ

1、私がおじさんに英語のエッセイの添削依頼

2、雑貨屋のバイトが忙しくなるから、私一人じゃ無理。
  忙しくなったら、英語でのコミュニケーションの問題が出てくるよな。。と落ち込む。

3、私の英語力に対して、SNSのバカにしたようなコメント



人間万事塞翁が馬

とか

Things happen for a reason

とか

信じているから、

”もっと、頑張りなさい。今、頑張れば、きっと将来役立つから”と

言われている気がする。。。




| ホーム |


 ホーム