FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
コーヒー屋辞めることにしました。

本当は、学校が始まる8月下旬まで働こうと思っていたんだけれどね。

たまに働きに来ていたパッケージ係のおじさんが

コーヒー屋のオーナーと仲たがいして辞めてしまい、

コーヒー屋のオーナーが常連客に

毎日、パッケージ係のおじさんの悪口を言っているのを

聞くのも気持ちのいいものではなかった。

そして、おじさんが辞めた後、

働く状況がどんどん悪くなり、居心地が悪くなった。

コーヒー屋自体、経営がうまくいかず、
(最近は売り上げが伸びてきていたんだけれどね。。)

私が3週間旅行に行っている間、

知らぬ間に大きめの会社に売られてしまっっていた。

もともとのコーヒー屋のオーナーは、

衛生的に店をきれいにするセンス、

整理整頓するセンスを全く持ち合わせていないので、

今までパッケージ係のおじさんとフォローしていたことがすべて、

私の責任に。

オーナーがお店を汚くする、私が片付ける、掃除する。。

これの繰り返し。。

オーナーは、歯医者に行くだの、会議があるだの(ビジネス会議じゃない)、

お店を私に任せきりで、出かけたまま。

たまに帰ってくると、お店をゴチャゴチャさせる、

誰かの文句をお客と話す、忙しいアピール。


パッケージ係のおじさんがいる時は、

お互い気遣いながら仕事をしていたので、

働きやすかったけれど、

オーナーは、自分がコーヒー屋を創業したんだ、

雇ってやっているんだ、尊敬しろっていうことを

口に出して言うような自分勝手な人なので、

オーナーと二人では働きづらい職場になってしまった。

店が汚いのは私の責任、

衛生状態が悪いのも私の責任、

豆の収支が合わないのも私の責任、

レジのお金が合わないのも私の責任、

こんなところで働いて嫌な思いすることはないな~と。


オーナからは時々見え隠れする程度だけれど、本社の人からは

アジア人と見下されている感じするし、

言葉が違う、文化が違う、

信頼度がマイナスからだから、本当に相当頑張らないと

現地の人間と対等にはなれないということを学びました。


お客さんはいい人が多くて、

お客さんとおしゃべりするのは楽しかったんだけれどね~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村













スポンサーサイト



ふふふっ、大学院の入学許可が下りたとメールがきたぞ~。

まず、入学許可書が届くのを待ち、莫大な授業料を納めてから、

初めて正式な入学許可がおりるのだ。

英語読むのも時間がかかる、

英語の文章を書くのも下手、

しゃべりもブロークン、

体調の不安等々

またいろいろ大変なんだろうな。。。と

約2年間頑張り続けられるのでしょうか??と

たくさんの不安がありますが、

新しいことを学ぶ喜びと、

未来の新たなチャンスへつながる可能性

(40代でも、未来につながるといいなと考える)

でワクワクする気持ちも少しはある。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ
にほんブログ村
検索画面に

40代 留学 って入力すると

思った以上にたくさんの人が40代でも留学したいと思っているよう。

私は、高校時代に学校のプログラムを通じて、

夏休みの間、アメリカ オレゴンに短期語学留学に行かせてもらった。

その時に、アメリカの広大なキャンパスや、

映画でしか見たことがなかったファイヤーファイターのカッコいい姿に

度肝を抜かれ、高校を卒業したら、ぜーったいアメリカの大学に来たい!と思っていた。

大学受験の際、両親にアメリカに留学したいと言ったところ、

猛烈に反対された。

それでもあきらめきれず、仲の良かった英語の先生に相談したところ、

「これからの時代、英語ができるだけじゃ話にならない。英語+何かがないと勝負できないぞ。

留学は日本で大学を卒業した後でもできる。」と説得され、

結局、日本の大学を卒業することになった。

でも、そのころからず~~~っとアメリカ、英語圏、にあこがれがあった。


そんなこんなで、40代になってからの留学だけれど、

できるならもっと早くに来ればよかったなと思う。

年齢を重ねるに連れて、

仕事ではある程度、責任があったり、自由が利くようになったり、

収入も増えてきたリ、

仕事の満足度が増してきたため、なかなか仕事を辞める決心がつかなかった。

30代後半にもなると、仕事を一度離れてからの再就職にも不安はあるし。。

でも、もっと早くに留学すればよかったと思う理由の一つに

健康面のこと。

このブログにも書いたけれど、

ある日突然、ある食物でアレルギー反応が出て、ひどく体調壊したり、

論文の課題を終わらせるための徹夜が本当にすご~く大変で、

もう、体力がついていかない。。。

徹夜で論文提出した後は、2,3日廃人も同然。

そして、徹夜後の顔のひどさと言ったら、、

目の下にクマ、しわ、肌につやがなく、どんより。

また、強い日差しを浴びた後、暗い教室では、目の焦点が合わない。。。

黒板、教科書の文字が2重、3重になって見える。

テスト中は、問題用紙を手で前方へ持ち上げ、目から離さないと問題が読めない。

もう、老眼が始まっているんですね、、、、

さらに、若い子たちの輪には入りづらく、勉強も一人ですることが多い。

日本での大学生時代は、ゼミの仲間と一緒に勉強したり、

情報交換したり、楽しみながら勉強したな~なんて。。。寂しくなったりする。

もし、留学したいな。。でも、、、年齢のことを考えると。。とか

グルグル考えがめぐって、どうしたらいいかわからないけれど、

留学もあきらめきれない人は、今すぐ、行動に移したほうがいい。

行き先を決める、学校を決める、留学のイベントに足を運ぶ等々。

今より若い時はないからね!!

少~しづつ、老化が始まっていますよ。









にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
にほんブログ村



| ホーム |


 ホーム