FC2ブログ

プロフィール

around45years

Author:around45years
人生は1度しかない!ってことで、思い切って会社を辞め、40過ぎて留学し、若者に助けてもらいながら、どうにかMBA卒業しました。
現地就職し、仕事、言葉、恋愛、すべて思い通りには行かず。。。

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2拍手ランキング

QRコード

QR
もともと仕事では、細かい性格からなのか、

(日常生活では、それほど細かくないはず。)

日本人気質なのか、

オフィシャルなドキュメントの間違いが目に付く。

ほんっとに間違いが多くて、

カナダ人ののんびりした気質なのか、

会社のカルチャーなのか、

どうして誰もしてきしないんだろう??

どうして誰も直さないんだろ??


今日も重要なドキュメントの間違いを見つけてしまい、

そのドキュメントを作成した本人に伝えたところ、

キンキン声で、

”間違っていない!”とイライラされ怒鳴られた。

いや、間違っているから。

こっちもイライラしながら、

言い返すと、

やっと間違いに気づいて、

”あ”~!!”と。

そして、こんなところ見なくていい!!と。

ムカつく!!

もともとこの人とはソリが合わないけれど、

仕事で絡むことが多く、

面倒くさい。

どこにいても、付き合いづらい人っているんだよなー。

そして、

エントリーレベルの仕事で、

会社のヒエラルキーでは最下層。

私の大人しいい性格も災いして、

何人かからは

明らかに見下され、

そのような態度を取られることも多い。

っていうか、

私が不愛想だから、

他人に嫌な印象を与えているのかもしれないな。


知らないこともたくさんあるし、

でも、教えてくれる人はいないし、

語学の壁はあるし、

仕事の幅は増える様子はないし、

やっていけるのかな~。

毎日、くじけそうになるよ。

”愛する人とゆっくりのんびり暮らしたい”

というのが私の夢なのに、

なんかいつも一人で戦っている気がするよ。。。

周りの日本人妻からは

えらいね~

とか

すごいね~

とか

言われるけれど、

全然すごくないし、えらくもないし、

毎日、葛藤している。

仕事を始めて、4か月。

なんにも成長していない。。。

この会社でキャリアを築きたいけれど、

無理めな気持ちが強く、

どうモチベーションを上げていけばいいのか

ちょっとわからないな。。。






経営学修士(MBA) ブログランキングへ


40歳代ランキング


女子ランキング


カナダランキング


スポンサーサイト



契約から、正社員になりました。(^-^)/

ですが、MBA卒業したのに、エントリーレベルの誰にでもできる仕事で、

給料もすーーーーーごっく安く、トレーニングもなく

どうでもいい扱いを受けているにも関わらず、継続して働いています。

毎日、こんな仕事するためにMAB出たのかなー。

仕事の経験あるはずなんだけれど、今まで何やってたのか、、

まったく経験も学位も役に立っていないな。。。

はあ、日本で稼いでいた給料の半分以下。。

モチベーションが上がらず、落ち込んだり、

マグマのようなイライラが腹黒く渦巻いていたり

する毎日です。。

外国でしっかりした会社で働けることに

感謝しなくちゃ、楽しまなくちゃと思うのですが、

残念ながら、まだその境地には達せていないです。

それなのに、なぜ、日本に帰らず、

こんな悪い条件を受けて入れ働いているのか。。

カナダの何が惹きつけるのか?という質問に絡めた

今日の内容となっています。

遅くなってすいません。。

日本では東京に住んで、東京で働いていた。

今は、カナダの田舎町に住んでいるので、

都会と田舎の生活、人々は違って当たり前で、

一概に比較できないと思っています。



まずは、何と言っても時間のゆとり。

日本でもwork-life balanceの実現 とか言われているけれど、

実際のところ、労働時間は長いし、通勤時間は長いしで、

日本でのwork-life balance のハードルはとても高いと思う。

私は東京の外資系の会社に勤めていて、

コアタイムなしのフレックス制とか、有休病欠も取りやすく、

比較的社則が緩めで恵まれていたと思う。

それでも、朝9時半ぐらいから夜7、8時ぐらいまで働いて、

時々、夜中海外とのテレカン、時々同僚との飲み会という生活をしていた。

通勤時間も片道40分で電車1本という恵まれた環境だったけれど、土日はぐったり。

私の今の身の回りにいる人々は

”NO LIFE”とよく言っています

自分の時間が持てないことにストレスを感じ、5時過ぎに会社を抜けて、

会社の隣のビルのジムに行き、身体を動かして、風呂につかり、

少しリラックスして、会社に戻るということもしていた。

“1時間ぐらいジムに行ってくる。ジムの後会社に戻ってくる。”

と関係者に伝えても、関係者でない人からは、仕事ほったらかして、家に帰ったと陰口を叩かれたりした。

労働時間が長く、同僚と過ごす時間が長いと皆ストレスもたまるし、ギスギスしてくる。

また、時間にゆとりがないと、気持ちにもゆとりがなくなる。

今では、車で片道20分、朝8時から夕方4時半、残業はほとんどなし。

5時には家にいて、そのあと、ヨガ行ったり、買い物行ったり、友達に会ったり、

疲れている時は、家でのんびり音楽聞いたり。


そして、固定された価値観

生活の多くが仕事に時間を費やされると、仕事以外の価値が認められず、

仕事での評価が自分のすべてになっている感じがした。

仕事で評価を得られない人は、仕事すること(=生活すること=生きること)が辛くなってくる。

本当はそんなことはないのに。。。

他人より多くの給料を稼ぐこと、

他人より早く出世することにしか価値がないような錯覚。

仕事を絡めた価値観が主流。

しかし、ここカナダの田舎では、仕事が残っていようが自分の帰宅時間になったら帰る。

緊急時は残業したり休日出勤したりしているけれど、基本、仕事と自分の生活は別。


固定された価値観に関連することとして、

日本はルール、しきたりが多く、世間体を気にする

ルールしきたりが多いから、世界的にも治安が良く、

(実際、最近は物騒な事件も多く、治安が良いとは言えない感じだけれど。)秩序が保たれているとも言える。

が、ルール、しきたり世間体のために、

固定観念が強く、そこからはみ出した人は、認められない風潮。

カナダでは、人に迷惑かけなければ、個人の自由。

真冬に半そで短パンでも、本人が寒くなければ他人は全く干渉しない。

太っている人がミニスカート履いていても、そのスカート可愛いねと褒める。

もちろん、太っている人も彼氏、彼女がいる。

何歳になっても恋愛している。

勤めていたとてもいい会社を辞めて、全然売れないような雑貨屋を始めても、

みんな本気で応援している。

本人も、夢だったからとてもエキサイティング!と笑っている。

湖に行けば、おばあちゃんも水着を着て、孫と一緒に泳いで楽しんでいる。

人の目を気にせず、自分が楽しい、好きなことができる自由があるのが良い。

先日、新しくMBAの学生となった日本から来た子と話す機会があった。

“40歳のおばさんと同じチームになっちゃって、

おばさんだから全然チームに貢献しないんですよ!!“

?????おばさんだからチームに貢献しないって?

いや、オバサンじゃなくてもその人はチームに貢献しない人なんだよ。

オバサンは勉強しない、オバサンとは協力しづらいという先入観と価値観

明らかに私はみんなより年取っているけれど、日本人以外の学生は、

ごく普通に話しかけてくる。

でも、日本から来た学生は、なんか歳が違うから、話しかけないでおこう、、

目を合わせないでおこう、、みたいな壁はある。

年齢が違う人とは何話して良いかわからない、

付き合いづらい、とでも思っているのかな。

20代後半から30歳になる頃、私は留学をしたのだけれど、

その際も、 “その年で留学するって事は、もう結婚はあきらめたってこと?”

と聞かれ、そういう風にみられるんだとびっくりした。

30過ぎたら、女性は結婚できない??という固定観念


日本は歴史が長く、徐々に変わってきてはいるものの、

文化も思想も長く継承されてきているので、良い面も悪い面もあるが、

古い固定観念で窮屈に感じてしまうことはよくある。

自分が自分らしく居られるのは、日本よりカナダの方だな~。楽だなと思う。

以下、参考までに

同感だなーと思うサイトを貼っておきます。

(著作権とか問題あるのかな??)

https://www.yane.me/entry/iju
https://www.tofugu.com/japan/best-and-worst-things-about-living-in-japan/
https://zuuonline.com/archives/134722


ですが、

今の仕事が楽しいわけじゃないし、

老後の貯金ができるほど稼げない、

健康面の問題等で、

うーん、日本に帰るべきか、、どうするべきかと

いつも悩んでいます。

| ホーム |


 ホーム